有田川、ポッポみちを歩く旅

【藤並駅】

新しい生活様式は実践しているだろうか。新型コロナウイルスの感染予防につとめながらの日常はたいへんだ。そんな中、2か月ぶりとなった今回の番組は、家にこもりがちの皆さんの運動不足の解消につながればと素敵な散歩コースをご紹介。有田川町で、全編歩き旅を敢行した。旅女子は三浦ちあきさん(写真左)と福山ひでみさん。福山さんは女子旅初登場。そろってマスク姿で登場。ラジオ番組をいいことに、かなり怪しい女子2人になっている。

ポッポみちの案内図で

ポッポみちの案内図で


☆番組は、ここから聞くことができます。

旅のコースは、旧有田鉄道跡「ポッポみち」5.3km。藤並駅前にマップ(看板)がある。前回の全編歩き旅だった2020年2月放送の「和歌の浦をひとめぐり、絶景の小径を歩く旅」と同じくらの距離で、かつ、今回は歩道・自転車道として整備され、概ね平坦という。条件的には恵まれている。違いは気候(暑さ)とマスクの着用。どうなるか。
JR藤並駅前で

JR藤並駅前で

ボーダーがシンクロ

ボーダーがシンクロ

藤並駅は現在はJR紀勢線の駅だが、かつては有田鉄道の駅もあり、紀勢線との連絡を担っていたという。駅前で距離ボードを見つけた。藤並駅と鉄道公園の両地点までの距離を記している。駅の表示を模していて、枕木を使用している風だ。まずは、JR紀勢線に沿って北に向かう。
発着地までの距離ボード

発着地までの距離ボード

藤並駅をあとにスタート

藤並駅をあとにスタート

有田鉄道

有田鉄道は、木材やみかんの運搬を主な目的に、吉備町(現・有田川町)の金屋口(かなやぐち)と積出港だった湯浅港とを結ぶ路線として、1915年に運行を始めた鉄道。電化区間はなし。運搬の主流がトラックに変わったあとも、学生を中心とした住民を乗せて走り、2002年末を限りで廃線。会社としての有田鉄道は、バス事業を主体に転換した。

藤並駅の有田川町観光案内所

藤並駅の有田川町観光案内所

藤並駅のちいさな駅美術館

藤並駅のちいさな駅美術館

ちいさな駅美術館と観光案内所

JR藤並駅の駅舎2階(連絡通路沿い)の西側には「ちいさな駅美術館 “Ponte del Sogno”(ポンテ・デル・ソーニョ)」がある。絵本を通じた町づくりに取り組む有田川町が2011年に開設した。約2,000冊の絵本の蔵書があり、気軽に絵本に親しめる、楽しめる空間になっている。定期的に絵本の原画展示を行ったり、絵本作家のおはなし会やサイン会などのイベントも開催している。一方、駅舎の東側、1階には「有田川町観光案内所」がある。有田川町の観光関係のことなら何でも気軽に相談できる。レンタサイクルもある。(両施設とも5月末日まで休業予定、中止のイベントもあるという)


【紀勢線に沿って】

ポッポみちは、藤並駅をスタートして、しばらくはJR紀勢線に沿って北に延びている。線路が近く、電車がよく通る。電車好きには最高の道路だろう。歩き始めて、ほどなく、JR線側にネコの壁画が見えてきた。大阪府出身の絵本作家、ミロコマチコさんが、自身の絵本「オレときいろ」の主人公をモチーフに、ペンキとアクリル絵の具で、2日間かけて描き上げたもの。縦2m、横8.8mと結構大きい。

ポッポみちは歩道・自転車道

ポッポみちは歩道・自転車道

壁画を前に女子2人

壁画を前に女子2人

壁画の向かい側にはキウイフルーツの木があり、白い花が咲いていた。女子2人は初めて見たという。キウイフルーツは真夏には実がなり、秋~冬に収穫期を迎える。
キウイフルーツの木

キウイフルーツの木

キウイフルーツの花

キウイフルーツの花

壁画の近くに藤棚(花は終わっている)とベンチがある。そして、距離ボードを見つけた。なんと、まだ500m…、先は長い。
藤棚とベンチと距離ボード

藤棚とベンチと距離ボード

ポッポみちを歩く女子2人

ポッポみちを歩く女子2人

道の脇にはアジサイ(花はまだ)など、季節の花が植えられている。四季折々に楽しめそうだ。そして、路面が心地よく、歩きやすい。また、JRの電車が通り過ぎた。このあと、JRの線路は、左にカーブし、ポッポみちから離れていく。
JR紀勢線が走り抜ける

JR紀勢線が走り抜ける

ポッポみちは歩きやすい

ポッポみちは歩きやすい


【阪和道下】

JR線が左に離れたあと、右から阪和自動車道が延びてくる。この高速道路の下をくぐるポッポみち。まさに高架下、その左側に高さ3mあまりの石塔がある。「野田(のだ)の宝筺印塔(ほうきょういんとう)」だ。野田は地名。有田郡内最大の宝筺印塔らしい。女子2人は説明書きを読んでいるが…。

野田の宝筐印塔

野田の宝筐印塔

なになに、ふむふむ

なになに、ふむふむ

阪和道をくぐりきったところに、距離ボードがあった。ゴールをしたような喜び様の女子2人。藤並駅からやっと1km。
阪和自動車道をくぐる

阪和自動車道をくぐる

ゴールしたような女子2人

ゴールしたような女子2人

この先、ポッポみちは緩やかに右にカーブし、東に向かう。


【田殿口駅】

ポッポみちの左側に低い石垣のようなものが見えてきた。有田鉄道の田殿口(たどのぐち)駅跡だ。ホーム(だったとみられるところ)に上がってみた女子2人。やわらかな緑色の葉が茂るカエデ。その中に、赤い色の羽根付きのタネができている。

低い石垣のような駅跡

低い石垣のような駅跡

カエデの赤いタネの羽根

カエデの赤いタネの羽根

駅舎だったとみられる建物には、子どもの顔がたくさんペインティングされている。大阪府出身の絵本作家でイラストレーター、長谷川義史(はせがわ・よしふみ)さんの作だ。映えスポットもある。
田殿口駅跡にはたくさんの顔が

田殿口駅跡にはたくさんの顔が

撮影スポットもある

撮影スポットもある

福山さんは、長谷川作品に詳しい様子。そんな話をしていると、長谷川さんを模した風のオブジェを発見。オブジェと思いきや絵本箱だった。誰でも自由に読むことができ、読むスペースもある。屋根もある。
たくさん絵本が入っている

たくさん絵本が入っている

長谷川義史さん風の絵本箱

長谷川義史さん風の絵本箱


【ALEC】

有田川町は絵本のまち。その中心施設が2009年にオープンした有田川町地域交流センターだ。ALEC(アレック)の愛称で親しまれている。図書館をベースに、カフェやイベント会場などがある。図書の電子化が進み、電子書籍として借りることができるほか、実際の本についても、借りたい本を持ってゲートを通るだけで貸し出し完了、返却はポストに入れるだけという先進的な取組が実践されている。

遺跡の説明板

遺跡の説明板

ALEC

ALEC

ALECがあるのは、旧吉備中学校跡地で、遺跡の説明(看板)がある。空からはヒバリの鳴き声が降ってくる。そして、ALECは図書館だから、館内に蔵書は多いが、面しているポッポみちには絵本箱がある。「まちかど絵本館」というらしい。
ALEC前にも絵本箱

ALEC前にも絵本箱

絵本箱=まちかど絵本館

絵本箱=まちかど絵本館

藤並駅から2km。このあたりのポッポみちはほぼ直線だ。こんなに遠くまで見通せる景色は、和歌山県では珍しい。
絵本箱前に距離ボード

絵本箱前に距離ボード

真っ直ぐ延びるポッポみち

真っ直ぐ延びるポッポみち

ALECの中に列車の遊具のようなものが見えた。実はこれ、つみき列車で、貨車に子どもが自由に遊べるたくさんの積み木が積まれている。ただし、今は自由に遊べない。早く元通りになってほしいものだ。それに真新しい建物ができている。一見、かわいいカフェのようだが、今年3月にオープン予定だった絵本の美術館「ポッポ絵本館」だと知った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でオープンは延期され、開館期日は決まっていない。→7月26日に晴れてグランドオープンした。毎週日曜日の午後1時から4時まで開館。
つみき列車

つみき列車

ポッポ絵本館

ポッポ絵本館

ポッポみちには街灯がある。電線は見えない。景観に配慮されているに違いない。取材ロケの日も暑かったが、これからもっと暑くなる季節、朝夕など涼しい時間帯に歩くのが良いかも知れない。別の日、夜に訪れてみた。明るい。これなら夜のウォーキングもできそうだ。
夜のポッポみち

夜のポッポみち

Top