ラジオで和歌山~発見!お宝!○○市(町村)~

和歌山県内の市町村を毎月1つずつご紹介/wbs和歌山放送

発見!お宝!有田市

   

☆番組はこちらでお聞きいただけます。

有田市の2017年

有田市といえばみかん。というより、みかんといえば「有田みかん」。その主産地が有田市といっても過言ではない。和歌山県が日本一のみかんの産地で、有田市以外にも産地は多い。しかし、しかし、有田川の両側の山々にみかんが実この景色は、他にはない。みかんのふるさとであり、いまなお産地を牽引する有田市といえる。今シーズンのみかんについて聞くと、年末にぐっと寒くなってくれた方が気候的にはよかったのかも知れないといいつつも、有田みかんは、厳しい条件の時に品質が落ちない、強いみかんだと話し、出来は良いと胸を張った。

みかんが実るまち

みかんが実るまち

有田市の市長は若い。望月良男(おちづき・よしお)市長は、3期めの任期が始まったばかりの44歳。アイデアと行動力の人である。

その有田市が、有田みかんの品質のさらなる向上を目指し、また、本当に高品質の甘くておいしいみかんは市が自信を持って認定し、PRをしていこうという制度を導入している。「原産地呼称管理制度」というなかなかに固い言葉だが、ここに裏打ちされた高品質のみかんは高値で売買され、常に人気という。最初は参加農家も少なかったらしいが、今では、みかん農家自身の自信にもなり、また、さらに高品質を目指す糧にもなっているという。そして、最近話題のふるさと納税の返礼品にも採用され、人気は不動という。まずはその味を確かめてほしい。

有田市の望月良男市長

有田市の望月良男市長

今回は年の初めの1月ということもあり、2017年の観光を中心にしたプランを聞いた。5つの小さな拠点を作り上げていく、という。

市長が「どれがいいか」とデザインの異なる数枚の名刺を見せてくれたので、見たことがない写真が載った1枚を選んた。「二百年の時を刻む山本屋敷」とある。この山本屋敷も、有田市の財産。リノベーションして、活用していきたいという。

市長の名刺

市長の名刺

箕島漁港に水揚げされた新鮮な海の幸を味わえるようにしたい。有田川の南側のみかん山の中を通る農道=有田みかん海道には防災拠点を置く。ヘリポートができ、飲食店の計画もあるという。眺めもオススメとか。矢櫃地区には和歌山大学の観光学部の協力で、祭の復活などをすでに実施したという。

有田みかん海道に完成したヘリポート

有田みかん海道に完成したヘリポート

オススメされた場所には必ず行くのが「ラジオで和歌山」流。昼と夜、有田みかん海道のヘリポートより、さらに一段高い造成地で市街地の昼と夜を見渡してみた。雰囲気は写真でどうぞ。

有田市街地

有田市街地

有田市街地の夜景

有田市街地の夜景

新成人についても聞いた。自分たちのころに比べ、シュッとしていて格好良い。これから色んなことがあるがたくましく生きてほしいとエールを送ったという。

また、有田市は、今夏のオープンを目指し、市民会館の新築をすすめている。1階が700人あまりのキャパシティのホール、2階が硬派な図書館という。オープニングイベントは未定としながらも、ひとつ大きなものというのではなく、市民に喜んでもらえるものをいくつかと話してくれたので、まもなく発表されるのではないかと感じた。いいホールになるはずとも話してくれた。完成したら訪ねてみたい。


資料館が充実

有田市には、その歴史や魅力、産物、文化などを分かりやすく詳しく展示、紹介する資料館が3つある。有田市役所のお隣、市の文化福祉センター4階にある有田みかん資料館と有田市郷土資料館。それに、そこから少し有田川の上流側、熊野古道沿いの最古の神社といわれる糸我稲荷神社の隣に、くまの古道歴史民俗資料館がある。いずれも入場無料となっている。

有田市文化福祉センター

有田市文化福祉センター

有田市教育委員会の木谷智史(きたに・さとし)学芸員に案内してもらった。エレベーターで4階に上がると、みかん資料館に出る。

有田市教委の木谷智史学芸員に案内してもらう

有田市教委の木谷智史学芸員に案内してもらう

普段は特に案内係は置いていない資料館。それだからだろうか、展示や説明がとても見やすく、わかりやすい。これ、重要と思う。

有田市みかん資料館

有田市みかん資料館

みかんの産地は全国に多いが、資料をきちんと展示しているところは他にないらしく、全国から訪問者があるという。

有田市みかん資料館

有田市みかん資料館

紀州の木箱入りみかんが贈答用に重宝され、他産地から「ズルい」とクレームが入ったという味のあるみかん箱がこれ。

歴代みかん箱

歴代みかん箱

同じフロアに隣接するというか、ガラス扉で仕切られて、有田市郷土資料館がある。

郷土資料館に入るとレンズが曇った

郷土資料館に入るとレンズが曇った

入った途端、カメラのレンズが曇った。急に幻想的な展示コーナーに入ったわけではない。展示物の保存環境がいいのだ。そう、加湿されている。聞くと、県内屈指の設備だという。

有田市郷土資料館

有田市郷土資料館

展示の入れ替えも多く、企画展なども精力的に実施しているという。去年11月末から12月初旬に、市制施行60周年記念で、「有吉佐和子・小説『有田川』の世界」を行ったのもここ。ことしも、企画展の準備を進めているという。期待したい。

有田市教委の木谷智史学芸員に案内してもらう

有田市教委の木谷智史学芸員に案内してもらう

今度は、くまの古道歴史民俗資料館。「くまの」がひらがな表記になっている。

くまの古道歴史民俗資料館

くまの古道歴史民俗資料館

展示が分かりやすい。子どもたちに人気というが、大人だって楽しめる。

くまの古道歴史民俗資料館

くまの古道歴史民俗資料館

熊野古道の糸我峠(いとがとうげ)の茶屋の再現コーナーが良い味を醸している。当時も、有田のみかんは旅人に好評だった様子がうかがえる。

くまの古道歴史民俗資料館

くまの古道歴史民俗資料館

後鳥羽上皇の熊野御幸に随行した藤原定家(ふじわらの・ていか)の旅行記「熊野御幸記(くまのごこうき)」をもとに、当時の熊野詣でのようすが、面白く分かりやすくイラストを交えて紹介されている。随行者で歌人という目線が興味深い。

くまの古道歴史民俗資料館

くまの古道歴史民俗資料館

お隣は、最古といわれる糸我(いとが)稲荷神社。

糸我稲荷神社

糸我稲荷神社

そして、糸我峠へと続く、熊野古道がある。「歩いてみたいかも」と珍しく中川アナが言う。温かくなったら…。

熊野古道

熊野古道


関連リンク

有田市章

有田市章

有田市マップ

有田市マップ

 - 記事

  関連記事

日本一の串柿の里
発見!お宝!かつらぎ町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 新たに道の駅 国道480号、高野山へのアク …

町立くじらの博物館
発見!お宝!太地町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 太地町の意志 太地町はくじらの町。くじらと …

Sweet10 ARIDAGAWA2015 オープニングイベント(オープニング・ステージ)
発見!お宝!有田川町

10周年記念イベント始まる ☆番組はこちらでお聞きいただけます。 有田川町は、2 …

滝ノ拝
発見!お宝!古座川町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 川とともに 和歌山県には清流が多い。これは …

黄金色のススキ(生石高原・2014年秋)
発見!お宝!紀美野町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 来年で10年 2006年の元日に誕生した紀 …

白崎海岸を海から
発見!お宝!由良町

海が青い ☆番組はこちらでお聞きいただけます。 由良町は海に面した小さな町。その …

発見!お宝!広川町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 世界標準「稲むらの火」 安政南海地震が発生 …

発見!お宝!北山村

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 近くなった北山村 国道168号宮井から国道 …

クエ・フェアのクエ鍋
発見!お宝!日高町

☆番組はこちらでお聞きいただけます。 日高といえばクエ 幻の魚といわれ、それゆえ …

重伝建地区
発見!お宝!湯浅町

古い町は時の架け橋 ☆番組はこちらでお聞きいただけます。 醤油醸造の古い町並みが …

Top