【甲子園1回戦】津商業(三重) 9―4 智辯和歌山(試合終了)

甲子園1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
津商業(三重) 0 0 0 1 1 1 3 1 2 9
智辯和歌山 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4

100年目の夏の甲子園、智弁和歌山初戦敗退。

甲子園球場で行われている夏の高校野球、大会4日目のきょう(9日)第1試合で、和歌山代表の智弁和歌山は三重代表の津商業と対戦、4対9で敗れ、3年ぶりの全国大会は初戦敗退となりました。

この試合、智弁和歌山は、初回に3連打で2点を先制しましたが、4回以降、着実なプレーで毎回得点を重ねる津商業に逆転され、対して、智弁和歌山は、内野の守備の乱れなどが響き、点差を広げられました。そして、8回裏にホームランで2点を返しますが、及ばず、智弁和歌山は、春夏を通じて初の甲子園出場の津商業に4対9で敗れ、甲子園を後にしました。