智辯和歌山野球部壮行式、活躍誓う

夏の高校野球和歌山大会で優勝し、3年ぶり21回目の甲子園出場を決めた智弁学園和歌山高校・野球部の壮行式がきょう(30日)県庁前などで行われ、選手や監督が活躍を誓いました。

きょう(30日)正午過ぎから県庁前で行われた壮行式には仁坂知事や前芝正嗣(まえしば・まさつぐ)県議会議長ら県議会議員のほか、県職員や応援に駆け付けた市民らあわせておよそ300人が参加しました。

あいさつで仁坂知事は「心から甲子園でのご活躍をお祈りしています」とエールを送りました。

壮行式のあと、智弁和歌山の高嶋仁(たかしま・ひとし)監督は「甲子園に出るからには負けられないという思いです。よそ行きの野球はやりたくないので、県大会のような野球ができればいいです。キーマンはクリーンナップです」と話していました。

また、西山統麻(にしやま・とうま)主将も「今、気持ちが高ぶっています。甲子園で優勝目指して頑張ります」と話していました。

このあと、和歌山市役所前でも壮行式が行われ、和歌山市の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長が選手らを激励しました。

智辯和歌山が出場する第97回全国高校野球選手権大会は、来月(8月)6日から、西宮市の阪神甲子園球場で始まります。

大会の組み合わせ抽選会は来月3日の午後4時から、大阪市北区のフェスティバルホールで開かれます。

関連記事