設置率1位

「和歌山県は “音の出る信号機の設置率” が1位」というフレーズが、ミュージックソンだけではなく、よく聞いたり見たりするようになりました。それが定着し、そのことが県民の自慢となって、「みんなで増やそう!」と思っていただき、私たちのキャンペーンに募金を寄せていただける。という好循環ができているとすれば、非常にありがたいことです。

もちろん、この「設置率1位」は、和歌山放送が構築し、獲得した勲章ではありません。和歌山県と和歌山県警を中心とする障がい者にやさしい交通政策のたまものに他なりません。ミュージックソンはその一翼を担っているにすぎませんが、「設置率1位」は、皆さんとともに、和歌山放送の誇りになり、ミュージックソンを続ける励みにもなっています。そして、毎年のように募金を寄せていただける皆さんに感謝しています。ありがとうございます。

さて、「設置率1位」とは、どういう数字なのかをご紹介します。
※和歌山県警がまとめたことし3月末現在のデータです。(東京都に限り、警視庁としてまとめ)

(1) 信号機の数え方
1つの交差点で1基とカウントしています。大きな交差点や交わる道路が多い交差点は実際的には信号機の物理的な数が多くなりますが、そういうことではありません。ですから、音の出る信号機を1基設置するという意味も、1つの交差点に設置するということ、1つの交差点が音の鳴る交差点になるということを指します。

☆信号機の数(7位まで)

順位 都道府県 信号機数
1 警視庁 15785
2 愛知県 13302
3 北海道 13055
4 大阪府 12335
5 福岡県 10342
6 埼玉県 10320
7 神奈川県 9532


(2) 音の出る信号機の数
全国の都道府県別にみた信号機の数は、信号機のある交差点の数となります。音の出る信号機も然りです。一般的にその数は都会の方が多く、面積の広い(特に北海道)方が多いということになります。

☆音の出る信号機の数(7位まで)
順位 都道府県 信号機数
1 警視庁 2304
2 大阪府 1557
3 愛知県 1321
4 北海道 1135
5 埼玉県 976
6 福岡県 769
7 神奈川県 738


(3) 設置率
「信号機のある交差点に占める音の出る信号機のある交差点の割合」ということになります。ともにミュージックソンを実施している和歌山県と沖縄県が20%を超えていて、信号機のある交差点の5つに1つには音の出る信号機が設置されていることになります。その物理的な数を含めていえば、警視庁の7位はすごい数字といえるかもしれません。そして、その管内は、ミュージックソン発祥のニッポン放送のエリアとなります。

☆音の出る信号機の設置率(7位まで)
順位 都道府県 設置率(%) 音の出る信号機数 信号機数
1 和歌山県 21.0 388 1848
2 沖縄県 20.2 425 2108
3 鳥取県 16.8 219 1300
4 京都府 16.3 542 3334
5 石川県 15.6 368 2359
6 高知県 14.7 224 1520
7 警視庁 14.6 2304 15785


設置率1位は誇りであり、長く続いていくことを願っていますが、その順位や数というよりも、競い合ってでも、全国的に音の出る信号機が増え、目の不自由な方が安心して歩ける町に、その助けになることを願って、私たちはキャンペーンを続けていきます。

今後ともご理解ご協力をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top