ミュージックソン

「ラジオチャリティミュージックソン」のことです。和歌山放送では通常このように言っています。表記は「Mソン」と書くことも多いです。

これは、「目の不自由な方へ、通りゃんせ基金を」をスローガンに、ラジオなどを通じて、広く募金を呼びかけ、集まったお金で「音の出る信号機」を設置することを主目的とするチャリティ・キャンペーンです。東京のニッポン放送などの発案で1975年に始まり、和歌山放送は1986年から参加し、今年度で32回目となります。

キャンペーン期間は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3か月間で、募金は、和歌山放送の本社または支局などのほか、趣旨に賛同いただいた企業や公共団体などの協力で、量販店の店舗や公共施設、イベント会場などに設置させていただいている募金箱などで受け付けています。

12月23日から25日にかけては、放送エリア内の大型スーパーやターミナルなどに街頭募金基地「愛の泉」を設置し、募金を呼びかけ、多くの皆さんにご協力をいただきました。ありがとうございました。

寄せられた浄財は、基金運営委員会によって、音の出る信号機の設置や福祉施設などへの教育機器の寄贈というかたちで運用されています。和歌山放送に過去31回のキャンペーンで寄せられた募金の総額は、1億8,567万1,172円となり、音の出る信号機を和歌山放送の放送エリア(和歌山県内と大阪府南部地域)に、あわせて104基を寄贈できました(今年度寄贈分を含む)。ご協力していただいた皆さんに感謝しています。そして、今年度もよろしくお願いします。



主催 ◇ 和歌山放送ラジオチャリティミュージックソン実行委員会
後援 ◇ 厚生労働省・内閣府・全国交通安全協会・全国社会福祉協議会・和歌山県・和歌山県教育委員会・和歌山県社会福祉協議会・和歌山県警察本部・和歌山市・和歌山市教育委員会・和歌山市社会福祉協議会・橋本市・海南市・有田市・御坊市・田辺市・新宮市・紀の川市・岩出市・和歌山県町村会・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町・毎日新聞社
協力 ◇ 国土交通省・文部科学省・警察庁・和歌山県交通安全協会・和歌山県交通安全母の会・和歌山県身体障害者連盟・和歌山県視覚障害者福祉協会・和歌山県肢体障害者協会・和歌山県聴覚障害者協会・日本ボーイスカウト和歌山連盟・和歌山市軟式野球連盟学童部和歌山北支部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top