【2回戦】日高2-3粉河(試合終了)

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
日高 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
粉河 0 1 0 0 0 0 2 0 x 3

大会7日目第3試合は、粉河と日高の紀北・紀中勢の対戦となり、シーソーゲームを制した粉河が3対2の1点差で勝って3回戦に進みました。

粉河は2回、日高の先発投手の小山(こやま)を攻め、6番山田(やまだ)、7番服部(はっとり)の連続ヒットでランナーを1・2塁におくと、8番木村(きむら)がタイムリーヒットで1点を先制しました。

これに対して日高は3回、粉河エース木村(きむら)を攻め、フォアボールのランナーを2塁において1番福田(ふくだ)のヒットと相手守備のエラーで同点に追いつきました。
さらに5回には、7番山崎(やまさき)の2ベースヒットと相手守備エラーのランナーを1・3塁において、パスボールで逆転に成功しました。

しかし粉河は7回、3回に交代した日高2番手ピッチャー川口(かわぐち)を攻め、デッドボールとツーベースヒットのランナーを2,3塁において、2番橋本(はしもと)がライト前タイムリーヒットで2人がかえり、3対2とふたたび逆転に成功しました。
追う日高は9回に6番高野(たかの)がツーベースヒットで同点のランナーを進めましたが得点に結びつけることができず、結局、粉河が3対2の1点差で勝って3回戦に進みました。勝った粉河は、大会10日目第2試合で紀央館と対戦します。

試合開始 午後2時11分
試合終了 午後4時13分
試合時間 2時間02分

解説:鈴木道雄さん(元高野山高校監督)
実況:平井理弘アナウンサー

投手
粉河:木村(3年)
日高:小山(1年)→川口(2年)(3回)→楠見(3年)(8回)