【2回戦】近大新宮 4-5X 和歌山東(試合終了:9回サヨナラ)

二回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
近大新宮 1 0 2 0 0 0 1 0 0 4
和歌山東 2 0 0 0 1 0 0 1 1X 5X

大会6日目第1試合

勝者は大会8日目第3試合で耐久と対戦します。

試合開始 9時00分
試合終了 11時21分
試合時間 2時間21分

解説:川端理史さん(箕島高校・東海大学OB、元住友金属投手)
実況:桐山隆アナウンサー

投手
和歌山東:津森(3年)→春木(3年)
近大新宮:松原(3年)

大会6日目の第一試合は、近大新宮と和歌山東が対戦し、得点を取っては取り返すというシーソーゲームを、和歌山東が5対4で近大新宮を9回サヨナラで制し、3回戦に進出しました。
この試合は、和歌山東・津森、近大新宮・松原の先発で始まりました。初回、両チームとも先発の立ち上がりを攻め、近大新宮は1点、和歌山東は2点を先制します。その後、両チームとも追加点を上げ、前半を3対3の同点で折り返します。7回には近大新宮が相手の失策でノーヒットながら追加点を上げますが、8回には和歌山東も2アウト満塁のチャンスに2番門田がライト前にタイムリーヒットを放ち、再び同点に持ち込みます。迎えた9回、和歌山東は1アウト2、3塁のチャンスの、7番池田が内野安打を放ち、その間に3塁ランナーが生還。サヨナラで近大新宮を下し、3回戦に駒を進めました。
勝った和歌山東は大会8日目第3試合で耐久と対戦します。