【2回戦】南部 2―3 耐久(試合終了)

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
耐久 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3
南部 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2

大会4日目第1試合、南部対耐久は、最終回に2点をとった耐久が南部に逆転勝ちし、3回戦進出を決めました。

1対1の同点で迎えた5回裏、南部は3番久堀(くぼり)4番水本の連打でチャンスを作ると、5番平尾がレフト前にタイムリーを放ち、2対1と南部が1点勝ち越します。
その後、南部の先発・井元は耐久に得点を許さず、2対1と南部リードで迎えた9回表、後が無い耐久は、エラーをきっかけに1アウト満塁としたところで、9番中西の代打、森がライト前タイムリー、続く1番秦がレフトへ犠牲フライを放ち、3対2と耐久が土壇場で勝ち越しに成功します。
逆転された南部は、最終回、この回から変わった耐久の投手・橋本の連続フォアボールで、サヨナラのチャンスを作りますが、2番木下がファーストライナーで、1塁ランナーがタッチアウト、ダブルプレーとなり、3対2で耐久が南部に逆転勝ちし、3回戦進出を決めました。
勝った耐久は、大会8日目第3試合で近大新宮と和歌山東の勝者と対戦します。

試合開始 午前8時30分
試合終了 午前10時27分
試合時間 1時間57分

投手
南部:井元
耐久:中西→橋本(9回)

解説:清水昭秀さん(智辯学園和歌山高校・法政大学OB)
実況:大前一樹アナウンサー