【1回戦】神島0―1星林(試合終了)

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
神島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
星林 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1

大会2日目第3試合

試合開始 14時32分
試合終了 16時24分
試合時間 1時間52分

実況 牛尾淳アナウンサー
解説 井戸大志さん(元南部高校監督)

大会2日目の第三試合は、少ないチャンスを物にした星林が神島に競り勝ち、2回戦に進出しました。
この試合は、星林・駿河(するが)、神島・爰川(ここがわ)の両エースの先発で始まりました。試合は投手戦の様相を呈し、ヒットは許すものの、その後をきっちりとしめて、相手に得点を与えません。
試合が動いたのは6回でした。先頭打者が四球で出塁すると、盗塁や相手の悪送球でノーアウト3塁のチャンスを迎えます。このチャンスに3番石川がセンター前にタイムリーヒットを放ち先制点をたたき出しました。一方、1点を追う神島は9回にこの回先頭の4番渋谷がレフトオーバーのツーベースヒットを放ち、同点のチャンスが訪れます。しかし、後続が続かず得点に結び付けられませんでした。その結果、6回に得た1点を守りきった星林が神島に競り勝ち、2回戦に進出しました。勝った星林は大会7日目第2試合で和歌山工と対戦します。