【1回戦】田辺工業6―1橋本(試合終了)

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
田辺工業 0 0 0 6 0 0 0 0 0 6
橋本 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

大会2日目第2試合、田辺工業対橋本は、4回の集中打で5点をリードし、試合を優位に進めた田辺工業が、6対1で橋本に勝ち、2回戦進出を決めました。

1対0と橋本の1点リードで迎えた4回、田辺工業がエラーとデッドボールをきっかけに、
ノーアウト満塁のチャンスを作ると、7番湯川がライト前へタイムリーヒットで1点を返し同点に追いつきます。
なお満塁として、9番畠中(はたなか)がセンター前へ逆転のタイムリーを放ち、
田辺工業が2対1と勝ち越すと、その後も打者一巡の猛攻が続き、
6対1と田辺工業が点差を一気に5点に拡げます。

大量リードに守られた田辺工業の先発那須は、
3回の1点以外は橋本に得点を許さず、結局田辺工業が6対1で橋本に勝ち、
2回戦進出を決めました。
勝った田辺工業は、大会7日目第1試合で串本古座と対戦します。

先発:橋本 米田→水落(4回)→吹本(8回)
   田辺工業 那須

試合開始 11:40
試合終了 13:57
試合時間 2時間17分

実況 大前一樹アナウンサー
解説 井口直也さん(智弁学園和歌山高校・法政大学OB)
リポーター 1塁側岩崎蕗子、3塁側Shino